株式会社キーマンの特徴を知れば診断結果にも満足

設計書の確認と試験を行ない株式会社キーマンは耐震の方針を決める

会社ごとに社風が異なる

受けたいサービスが受けられなかったり、結果に満足できなかったりということがありますが、あまり会社のことを調べずに依頼するとこういった事態が起こります。その会社によってできることが違いますし、社風も異なるからです。

株式会社キーマンはこんな会社です

社会資本を軸にした理念

会社によって理念は違いますが、株式会社キーマンでは「社会資本の価値を高める」という理念をもっています。人間が住む環境はかけがえのない財産であるため、二酸化炭素排出をできるだけ削減し、環境に良い経済活動を行なっています。

独立系の耐震補強会社

耐震補強という考え方が広まった当初からサービスの提供を行なっていますし、独自で診断して補強工事をする工法をもっているため、要望に合わせて工事ができます。セカンドオピニオンサービスも受付けているので安心です。

機動力がある

建築会社には繁忙期というものがありますが、株式会社キーマンでは人員不足を解消するための人員配置を行なっています。同じ人数で現場を回すのではなく、忙しいときには4~5名が対応するため、機動力が期待できる会社といえます。

株式会社キーマンの特徴を知れば診断結果にも満足

男の人

建築基準法は変化している

日本では昔から建築基準法に耐震基準というものがありましたが、ビルが高層化し、建築に使われる建材が変化したことから、建築基準法も変化しています。特に阪神淡路大震災以降は建築基準法もより厳しくなったといわれているのです。耐震補強の補助金が出る対象の建築物は昭和56年以前に建設されているのもそのためで、古い建物ほど今の状況に合わせた耐震補強工事が必要といえます。

専門業者に診断してもらう

株式会社キーマンは耐震補強の専門会社と自負しているため、自分の所有している家が心配という人はこういった専門の会社に建築の状態を診断してもらう必要があります。信頼できる会社の基準ですが、橋梁の耐震補強を請け負っている会社であればより適切な診断と工事ができるといえます。株式会社キーマンは公共の橋梁や施設の診断と工事を行なっている会社です。

診断の手順

株式会社キーマンでは、一級土木施工管理技士と一級建築士が在籍しているので、こういった専門家が築年数と設計書を確認します。また、被災したかどうか、改修はいつ行なわれたのかも判断材料とするのです。その後様々な試験を通して劣化調査をしていきますが、一度だけでなく三回に分けて行なって、補助金のことも検討していくことになります。

広告募集中